激動のインドネシア 1996−2003

永井重信著

2004年4月刊 46判 288頁 樹と匠社 (5%)税込:\2,100 (本体:\2,000)品切れ 現在ご注文いただけません

スハルト大統領の辞任からハビビ、ワヒド、メガワティ政権までのインドネシア民主化、経済再建の道程をたどる。

【目次】
はしがき
第1章 スハルト政権の崩壊
 1 第六回総選挙
 2 国民協議会の開催
 3 第七次スハルト開発内閣
 4 ジャカルタ暴動
 5 スハルト大統領の辞任
第2章 ハビビ政権の発足と辞任
 1 ハビビ内閣の成立
 2 総選挙の実施
 3 ハビビ大統領の辞任
 4 スハルトファミリーのビジネス
第3章 東ティモール問題の経緯と独立
 1 東ティモールの非植民地化
 2 拡大自治か独立かの住民投票
 3 東ティモールの独立
第4章 ワヒド政権の誕生と罷免
 1 ワヒド大統領の誕生
 2 ワヒド内閣の発足
 3 第二次ワヒド内閣の発足
 4 ワヒド大統領の罷免
 5 副大統領選挙
第5章 メガワティ政権の誕生と課題
 1 大統領就任
 2 メガワティ内閣の成果
 3 バリ島、ジャカルタ爆弾テロ事件
 4 メガワティ大統領の来日
 5 2004年の展望
インドネシア主要年表

 

ご注文

ホーム