腐敗と寛容 インドネシア ビジネス

中原洋 著

2005年2月刊 46判 226頁 東洋経済新報社 (5%)税込:\1785 (本体:\1700)

官民あげての贈収賄や汚職が、大らかな風土のなかで受け入れられていく。通算8年に及ぶインドネシア生活のなかで、この国の表と裏を見てきた元現地駐在ビジネスマンが体験を通して描く腐敗と寛容の社会。

【主要目次】
第1部 人と国
 人と国
 楽天と寛容
 国としての現状
第2部 産業発展への課題
 公務員の汚職
 企業の汚職
 汚職の風土
 汚職との戦い
 産業発展への課題
第3部 光と影の世界
 スラマットとアモック
 豊饒の世界とイスラム
 それでも生き残る国

 

ご注文

ホーム