バリ島の小さな村で

鏡味治也著

2004年6月刊 46判 240頁 洋泉社 (5%)税込:\1680 (本体:\1600)

1981年からバリに通い続けること20余年、文化人類学者の著者が伝える、ゆったりと時が流れる小さな村の生活。水道、電気、車もない村の暮らしから見えてきたものは…。

【主要目次】
序章 バリ島へ
第1章 ゆったりと時が流れる村で暮らす
第2章 毎日お供えを欠かさない屋敷に込められた秘密
第3章 神々に見守られて稲は育つ
第4章 子どもたちに教わったこと
第5章 バリ式命名術
第6章 親族の一員として、村の役員として
第7章 見えない世界をかいま見る
第8章 魂の来し方、行く末
第9章 お金がものをいう?
第10章 バリ人の自信と不安

 

ご注文

ホーム