日本の植民地図書館 アジアにおける日本近代図書館史

加藤一夫、河田いこひ、東条文規著

2005年5月刊 46判 408頁 社会評論社 (5%)税込:\4410 (本体:\4200)

戦前期に、日本がアジア諸国に設立して、独自の活動を展開し、日本の敗戦とともに運命をともにした旧植民地図書館の活動を概観する。

【主要目次】
1 日本の近代化と図書館
2 内国植民地・樺太の図書館
3 台湾の図書館
4 満州の図書館
5 朝鮮の図書館
6 植民地中国の図書館
7 南方地域の図書館
8 戦争と図書館界

 

ご注文

ホーム