アジア新世紀 8 構想 アジア新世紀へ

【編集委員】青木保、姜尚中、小杉泰、坂元ひろ子、莫邦富、山室信一、吉見俊哉、四方田犬彦

2003年7月刊 A5判 270頁 岩波書店 3,600円

環境、人口、食、貧困、宗教、ナショナリズム、戦争、エネルギーなど21のキー・トピックスでアジアの現実を分析し、地球的問題群の解決をアジアから構想する。

【主要目次】
T 総合討論 アジア学の作りかた、アジアの作りかた
 毛里和子+小林英夫+青木保+姜尚中+莫邦富+吉見俊哉
U 新世紀アジアのキー・トピックス
  1 人口問題 店田鹿文
  2 食と流通 内藤陽介
  3 メガ・アーバ二ゼーション 布野修司
  4 アジア共同体の構想 姜尚中
  5 環境問題 井上真
  6 石油と代替エネルギー 大島堅一
  7 人流 錦田愛子
  8 路上のアジア 津村文彦
  9 ITとデジタルデパイド 原田至郎
 10 文化の攪拌力 石坂健治
 11 搾取される子どもたち 萩原康生
 12 新しい貧困 伊豫谷登士翁
 13 流動する家族 加藤彰彦
 14 人口高齢化 早瀬保子
 15 人権論 上村英明
 16 公共圏の変容 坂田邦子
 17 宗教とナショナリズム 小川忠
 18 アメリカ 吉見俊哉
 19 人間の安全保障 吉田文彦
 20 軍と戦争 藤原帰一
 21 新しい〈帝国〉 酒井隆
V 【リレー論文】新世紀アジアの構想のために
  アリラン、ガムラン 四方田犬彦
  東アジアとアジアと 坂元ひろ子
  キリング・フィールドからパクス・アシアーナへ 山室悟一
  新世紀アジアの生命力 小杉泰

アジア新世紀 全8巻

刊行にあたって

アジアがアジアであるがゆえに被った歴史の記憶は生き続け、アジアの地政学的な分裂と抗争の火種はくすぶりつづけたまま。この意味でアジアは世界の矛盾と悲惨を体現する広大な空間であり、その将来は地球規模の未来を先取りしている。
21世紀にアジアという認識はどう可能なのか? アジア各地域はどのような原理・価値に基づき社会を構想し、それは世界全体の進む方向とどのような関わりをもつのか? 本シリーズにおいて根源的に議論を深め,新たな問題提起をしていきたい。


1 空間 アジアヘの問い 3,400円
2
歴史 アジアの作られかた・作りかた  3,400円
3
アイデンティティ 解体と再構成 3,400円
4
幸福 変容するライフスタイル 3,600円
5
市場 トランスナショナル化する情報と経済 3,600円
6 メディア
 言論と表象の地政学 3,600円
7 パワー
 アジアの凝集力 3,600円
8
構想 アジア新世紀へ


ご注文

ホーム