アジア新世紀 5 市場 トランスナショナル化する情報と経済

【編集委員】青木保、姜尚中、小杉泰、坂元ひろ子、莫邦富、山室信一、吉見俊哉、四方田犬彦

2003年3月刊 A5判 236頁 岩波書店 3,600円

アジアは今、世界最大の工場と市場に変貌しつつある。従来の市場ネットワークを急激に再編するグローバル化の光と影を検証し、アジア発の資本と商品の可能性を考える。

【主要目次】
総合討論 アジアにおける消費社会のあり方

   辻井喬+吉見俊哉+四方田犬彦
T 変容するアジア市場のネットウーク
 アジアの女性移住労働者 吉村真子
 現地日系企業における文化摩擦 園円茂人
 インドのlT産業 押川文子
 「世界の工場」の現場から 莫邦富
 マレーシアにおけるイスラーム経済制度の展開 鳥居高
U 「アジアの奇跡」とは何だったのか
 「ダン吉島」の夢の後 佐藤仁
 東アジアにおける「アメリカ」という日常意識 吉見俊哉
 中国の環境問題 何博伝
 韓国の「圧縮近代化」と発展主義的メンタリティ 姜明求
V トランスナショナルな文化市場
 アジア消費社会と広告 難波功士
 ハリウッドに対抗するインド映画産業 松岡環
 「つながるアジア」の誘惑 岩渕功一
 トランスナショナル化するアジアの通信ネットワーク 野中章弘

アジア新世紀 全8巻

刊行にあたって

アジアがアジアであるがゆえに被った歴史の記憶は生き続け、アジアの地政学的な分裂と抗争の火種はくすぶりつづけたまま。この意味でアジアは世界の矛盾と悲惨を体現する広大な空間であり、その将来は地球規模の未来を先取りしている。
21世紀にアジアという認識はどう可能なのか? アジア各地域はどのような原理・価値に基づき社会を構想し、それは世界全体の進む方向とどのような関わりをもつのか? 本シリーズにおいて根源的に議論を深め,新たな問題提起をしていきたい。


1 空間 アジアヘの問い 3,400円
2
歴史 アジアの作られかた・作りかた 3,400円
3
アイデンティティ 解体と再構成 3,400円
4
幸福 変容するライフスタイル 3,600円
5
市場 トランスナショナル化する情報と経済 3,600円
6
メディア 言論と表象の地政学 3,600円
7
パワー アジアの凝集力 3,600円
8 構想 アジア新世紀へ 3,600円

 

ご注文

ホーム