まんがで学ぶ開発教育 世界と地球の困った現実 飢餓・貧困・環境破壊

日本国際飢餓対策機構編 みなみ ななみ(まんが)

2003年10月刊 A5判 120頁 明石書店 1,200円

日本国際飢餓対策機構に、教育関係者から使用したいとの依頼が数多くあった、隔月刊の「子どもニュース」を改訂、編集したもの。子どもたちを対象に、飢餓や貧困、環境破壊を地球規模で考え、自分たちに何ができるかを考えるきっかけを与えることをねらいとして、難しいと敬遠されがちなこれらの問題を、まんがで提示して、より親しみやすく楽しみながら考えられるようにした。

【主要目次】
1 世界には食べ物が足りないの?
 やせていなくても飢餓?
 世界には食べ物が足りないの?
 たくさんの穀物はどこへ
2 ぼく食べる人、でも作る人はたいへん!
 バナナはどこから?
 エビを食べるために……
 マグロがいなくなる
 ネコのえさとそのえさのお魚
 お砂糖の島
 ヤシの木がいっぱい
3 なぜ貧しくなったの?
 緑の革命と飢えのしくみ
 アグリビジネス
4 食べ放題のぼくたち
 輸入が止まったらどうなるの?
 捨てられてしまう食べ物
5 ぼくたちの生活と地球の環境
 みんなの熱帯林を守って
 熱帯林と私たち
 紙の節約が地球を守る
 お買い物でCO2が増える
 CO2が増えると食べ物が少なくなる?
 思いあたるのはいくつ?
6 水が少ないとどうなるの?
 水の少ない生活
 きれいな飲み水がない
 雨が降らないのは空のせい?
 井戸を掘ろう
 地球の水
 外国の水を使う日本
7 子だくさんの理由
 なぜたくさん子どもを産むの
 子どもの数とお母さんの教室
8 学校に行けてよかった
 学校に行けてよかった
 女の人は文字が読めなくてもいいの?
 字が読めて仕事がたのしい
 文字のない村

 

ご注文

ホーム