曼荼羅都市 ヒンドゥー都市の空間理念とその変容

布野修司著

2006年2月刊 A5判 444頁 京都大学学術出版会 (5%)税込:\5250 (本体:\5000)

きっかけは、インドネシア、ロンボク島の一枚の地図に描かれた整然とした格子状の都市、チャクラヌガラを「発見」したことだった。18世紀前半にバリのカランガスム王国の植民都市として建設されたこの都市は、中心にメール寺院を置き、南北10ずつの屋敷地に区画された街区で構成されていた。インド的であると同時に、平安京にも似たこの空間形成はどこから来たのか。仏教、ヒンドゥー教の宇宙空間としての曼荼羅を表象したアジア都市の空間計画を、インド世界の都市を概観し、マドゥライ、ジャイプル、チャクラヌガラと、その理念と変容を実証的に比較考察する。

【主要目次】
第1章 インド世界の都市
 古代インドの都市
 インド都城の理念
 ヒンドゥー都市の空間構造
 東南アジアのヒンドゥー都市―インド的都城の展開
第2章 マドゥライ
 マドゥライの都市形成
 マドゥライの空間構造
 カーストと棲み分けの構造
 居住空間の変容
 曼荼羅都市・マドゥライ
第3章 ジャイプル
 ジャイプルの都市形成
 ジャイプルの空間構造
 ジャイプルの住居と住区構造
 住区の変容
 曼荼羅都市・ジャイプル
第4章 チャクラヌガラ
 ロンボク島とチャクラヌガラ
 チャクラヌガラの空間構造
 棲み分けの構造
 マジャパヒト王国の首都
 曼荼羅都市・チャクラヌガラ

 

ご注文

ホーム