超える文化、交錯する境界 トランス・アジアを翔るメディア文化

岩渕功一編

2004年4月刊 46判 220頁 山川出版社 税込価格(5%):\1,890 (本体:\1,800)

テレビ、映画、音楽、マンガなどのメディアを通して、アジアの既存の国文化の枠組みを越え、どのようなかたちで(再)想像=創造されているのかを考察する。
本書は2003年に開催された国際交流基金アジアセンター企画「アジア理解講座」、「アジアを交錯するメディア文化」の各講演がもとになっている。

【主要目次】
序章 方法としての「トランス・アジア」
T 越えるつながり、越えない文化
 
第1章 「日本偶像劇」と錯綜するアイデンティ
      台湾における日本製テレビドラマの消費
 第2章「犬はあなたで、犬はわたし」
      アニメ『フランダースの犬』の旅をめぐって
 第3章 タイの歌はきこえてくるか?
      ポピュラー音楽流通の非対称性をめぐって
U ナショナル化されるトランスナショナル
 
第4章 東アジア・テレビ交通のなかの中国
      韓国と台湾の番組を中心に
 第5章「韓国マンガ」という戦略
      グローバリゼーション・「反日」・儒教文化
V 内なる「越境アジア」
 
6章 円環の外へ
      映像にみるアジア・沖縄へのまなざし
 第7章「在日音楽」という想像力
      コリアン・ジャパニーズ・ミュージックの(不)可能性から、音楽が「在日」することへ
 第8章 ベトナム系住民とディアスポリック・メディア消費
      越僑社会の文化交通とポピュラー音楽

 

ご注文

ホーム