アジアの人口 グローバル化の波の中で

早瀬保子著

2004年3月刊 新書判 290頁 アジア経済研究所 1,400円

多産多死から少子高齢化、児童労働と都市化、エイズ・SARSの拡大と国際労働移動など、多様なアジアの人口問題を考察し、その将来を展望する。

【主要目次】
第1章 アジア諸国の人口変動
第2章 出生率低下とその要因
第3章 死亡率低下とその要因
第4章 人口構造の変化と高齢化
第5章 教育水準と教育制度
第6章 労働力と就業構造
第7章 都市化と国内人口移動
第8章 国際労働移動の新潮流
第9章 アジアの人口政策

 

ご注文

ホーム