グローバル・プリズム 〈アジアン・ドリーム〉としての日本のテレビドラマ

岩渕功一編

2003年8月刊 46判 304頁 平凡社 2,600円

【主要目次】
序 グローバル化のプリズムとしてのアジアメディア交通
第1章 90年代の日本のテレビドラマにみる女性性の表象
第2章 超ドラマメーカー事始 北川悦吏子にみる「恋愛ドラマ」の脚本家と間テクスト性 
第3章 再創造される日本のテレビドラマ 中国語圏における海賊版VCD 
第4章 香港における「がんばる」女のトランスナショナルな消費と想像力
第5章 日本のアイドルドラマと台湾における欲望のかたち 
第6章 プチブルの暮らし方 中国の大学生が見た日本のドラマ
第7章 アジアの恋愛か? 西洋のセックスか? シンガポールにおける日本のドラマ視聴
第8章 日本のテレビドラマとの文化的接触 受容の様式と語りの透明性
結語 テレビドラマにみる文化的親密性
編者あとがき

 

ご注文

ホーム