ベリタ 1 2006.12

ベリタ編集部編

2006年12月 A5判 208頁 柘植書房新社 (5%)税込:\1260 (本体:\1200)

既存のメディアに対して批判的な立場から、市民のためのインターネット新聞としてスタートした「日刊ベリタ」が紙媒体の雑誌になった。サイト上に掲載した主要記事・人気記事の一部を再録。アジア関係の記事も多数。隔月刊。

【主要目次】
特集・北朝鮮
 北朝鮮の核実験は「世界の終わり」の予兆なのか
 北朝鮮と米国の政策はともに失敗
 なぜ核廃絶を主張しないのか
 反体制・改革勢力は存在しないのか
特集・安倍政権
 マスメディアが産み出した安倍新政権の危険性
 「核持ち込み」の恐れを
 危機感に欠ける護憲派
連載
 コメがあぶない
 欧州移民新世紀
 フィリピン現代史の実像
 笑う真犯人
 時事英語一口メモ
長文記事
 繰り返される未承認遺伝子組み換え混入
 「人さまの命」を第一にしない日航経営
 「米国の覇権か生存か」 チャベス大統領の国連演説
 チャベス政権下のベネズエラで何が起きているのか
 アラブ世界で人気沸騰のチャベス大統領
 イラク派遣米兵の質低下が顕著に
 米軍、バグダッドの貧民街封鎖を解除
 急増するイラク女性の人身売買被害
 10月のイラク占領軍死者108人
 ネゲブ砂漠地域で進むベドウィン定住化政策
 自動車爆弾の歴史(上)
 ほか

アジア関係の記事を中心に扱う、市民のためのオールタナティブなインターネット新聞

 

ご注文

ホーム