グ印亜細亜商會

グレゴリ青山著

2003年5月刊 A5判 184頁 旅行人 1,500円

60年代のアジアもっこりヘアに始まって、懐かしの上海の歌声や、亜細亜の映画お話、失われた時間の中にある幻町を描いた亜細亜の画家の物語など、今回のグレゴリ青山劇場は、懐かしくも新鮮な亜細亜世界へ誘う。

【目次】
第1章 道楽の亜細亜
 
六〇年代のアジアもっこりヘア
 夢の客船
 カモメカメラ
 インド人の印象
 氷中毒者
 三色ドリアン
 ソースおでん
 羅漢貌の人々
第2章 歌声の亜細亜
 
上海に唄えば
 アメリカの上海ソングとある日本人歌手
 上海・香港の上海ソング
 日本の上海ソング
 インドの上海ソング
 国際性を持つ鼻歌
第3章 映画の亜細亜
 
知られざるミャンマー映画
 ベトナムの映画館で
 謎のタイ映画ポスター写真
 名もなき俳優たちのドラマ
 幻のハリウッド映画
 妄想パスポートで行く日本映画
第4章 幻町の亜細亜
 
探偵小説の似合う街
 「裏街の怪老窟」に続く道
 プラチュアプキリカーンの月光浴
 電信柱の画家の街
 理想の旅人

 

「旅で会いましょう」 「ふたたびの旅」 (グレゴリ青山著)

ご注文

ホーム