対話集 歩きながら考える

鶴見良行著

2005年6月刊 46判 524頁 太田出版 (5%)税込:\2940 (本体:\2800)

鶴見良行さんの対話集。 加藤祐三、山口文憲、鎌田慧、門田修…、アジア・英語・香港・漂海民…、多彩な対話者と、多彩なテーマでとことん論じた。

【主要目次】
アジアを歩きながら考える(加藤祐三)
「もうからない英語」を語ろう(国弘正雄、鹿野力)
国際化と土着(見田宗介)
一九二〇年代、闇の中の周辺文化(永川玲二)
アジアの民衆と日本人(鎌田慧)
越境する東南アジア(山口文憲)
アジアとは何か(板垣雄三)
チャハヤ号航海記(内海愛子、中村尚司、新妻昭夫、藤林泰、村井吉敬、森本孝)
アジアと日本の“海の民”(網野善彦)
海民の世界から見直す日本文化(大林太良、網野善彦)
アジア海道―漂海民をめぐって(門田修)
インタビュー・忘れられた海の歴史を追って(聞き手・秋道智弥)

 

ご注文

ホーム