DVD 大航海 ヴァスコ・ダ・ガマの道

歴史紀行ドキュメンタリー・DVD 全11巻 定価:36,960円(税込)


1998年ヴァスコ・ダ・ガマのインド到達500年目を機に、ポルトガルからアフリカ、アラブ、インド、東南アジア、そして日本に至る大航海時代の海の道を辿り、大航海時代をアジアの視点で捉え直す11回シリーズ歴史紀行ドキュメンタリーDVD。

 

企画:門田 修 清水哲也
構成:門田 修 宮澤京子
撮影:明石太郎 藤井浩二 並川 清
監修:生田 滋
語り:榎木孝明
音楽:一色洋輔
選曲:苫谷典子
整音:ヒポ・コミュニケーションズ
制作:海工房 JIC


DVD 大航海 第1巻 ポルトガル
ここに地尽き海始まる〜大航海時代の始まり〜
ヨーロッパ大陸最西端の国ポルトガル。ここから未知の海へ、ポルトガル人航海者たちは香料と謎のキリスト教徒の王を求めて船出した。航海者ヴァスコ・ダ・ガマはどんな人物だったのか?大航海時代初期の歴史に迫り、ガマの子孫と出会い、船乗りのファドを聴く。
●取材地:ポルトガル(リスボン、シネス、エヴォラ ヴィディゲイラ、ナザレ、サグレス岬など)


DVD 大航海 第2巻 大西洋の島々
この先へ進むべし〜大海に乗り出した植民者たち〜
ポルトガルの船団はまず大西洋の島々に乗り出した。島々は植民され、航海の中継地として多くの船を迎え見送った。人と文化が混ざり混血の魅力に輝く島々は、日本との意外な繋がりも。火山や冷たい海流、眩しい太陽に育まれた大西洋の飛び石を歩く。
●取材地:ポルトガル(アソーレス諸島、マデイラ諸島)スペイン(セウタ、カナリア諸島)カボ・ヴェルデ


DVD 大航海 第3巻 北西アフリカ
砂漠の海へ〜イスラームとの衝突〜
その先は魔境と恐れられたボジャドール岬をポルトガルの船乗りは超えた。不毛のアフリカ大陸西岸を南下する。西サハラの海ではイルカが追うボラを捕る漁師と出会い、サハラでは塩のキャラバンとすれ違う。職人のつち音が響くベルベルの世界、サハラ砂漠を走る。
●取材地:モロッコ(タンジェ、エッサウィーラほか)モーリタニア(アルギン湾)マリ(トンプクトゥ)


DVD 大航海 第4巻 熱帯アフリカ
欲望の海岸〜奴隷と黄金の季節〜
黄金と奴隷を求めてヨーロッパが、熱帯西アフリ力に押し寄せた。大航海時代は、史上最大の罪といわれる奴隷貿易の始まりでもあった。奴隷の収容所や積出し湾を訪ね、悲惨な歴史の傷跡を見る。祭りの日、人々は今もブードゥー教の神々の前で踊り、精霊に祈る。
●取材地・セネガル(ゴレ島)トーゴ ベニン(ウィダ)ガーナ(エル・ミナ、クマシ)


DVD 大航海 第5巻 南アフリカ
喜望峰を越えて〜出会いの始まり〜
ポルトガルの船団はついに喜望峰を越えた。ガマはアフリカ大陸に上陸し先住民コイ・サン族と交流した。食糧として捕獲したペンギン、オットセイが今も群れる南アフリカ。内陸には石の王国ジンバブエがある。そこから黄金を運ぶ道を辿り、海辺の積出し港にたどり着く。
●取材地:南アフリカ(セント・ヘレナ・ベイ、喜望峰、モッセル・ベイなど)ジンバブエ モザンビーク


DVD 大航海 第6巻 東アフリカ
スワヒリの海へ〜マングローブの中の繁栄〜
インド洋に出たガマは、アフリカ東海岸を北上、いよいよインド洋を渡る。そこはアラブやインドの船が盛んに行き交うインド洋一大交易圏だ。アフリカとアラブが交わったスワヒリ文化に触れ、アラブとポルトガルの抗争の歴史を振り返る。港で木造帆船ダウの船乗りたちの声を聞く。
●取材地:タンザニア(キルワ、サンジバル、ペンバ)ケニア(モンバサ、ゲディ、マリンディ)


DVD 大航海 第7巻 インド
海賊か商人か〜インド洋の支配者たち〜
ガマはインド洋を一気に渡りインドに到達。以来、ポルトガルは貿易の独占を図り海岸地帯に要塞を築いた。ヤシの繁る水郷地帯ケラーラ。植民地解放闘争をしてきたゴアの人たち。ダウ船の船乗り一家や造船所など、様々な顔を持つインド西海岸を行く。
●取材地:インド(コーチン、アレッピー、カリカット、ゴア、ディウ、ジャムサラヤなど)


DVD 大航海 第8巻 アラブ
大砲と剣〜アルブケルケの野望〜
ポルトガルはインド洋貿易を支配しようとアラブ人と戦った。提督アルブケルケの攻略の跡をたどり、絶海の孤島ソコトラ島、灼熱のアラビア半島を訪ねる。船とラクダで結ばれた交易のネットワークがあった。はるか昔からの交易品、乳香を扱う男たちが歴史を語る。
●取材地:イエメン(サナア、ムッカラ、ソコトラ島、アデン)オマーン(マスカット、スール、サラーラ)


DVD 大航海 第9巻 マラッカ・香料諸島
風下の国〜東へ!香料を求めて〜
国際港市マラッカを攻略し、ポルトガルは香料諸島に到達した。クローブやナツメグを産する島々を訪ね、マラッカ王国の盛衰や香料をめぐる歴史を探る。今もポルトガル語で祈りを捧げる女たちがいる。香料の島には王がいて、華麗な儀式が行われている。
●取材地:マレーシア(マラッカ)インドネシア(バンダ、テルナテ、アンボン、フローレス)


DVD 大航海 第10巻 インドネシア
多鳥海の船乗り〜オランダの登場〜
アジア多島海では、ポルトガルやオランダが来る以前から、独自の船と航海術を持つ海の民ブギス・マカッサル族が活躍していた。造船所や船大工の村を訪ね、木造帆船ピニシに乗りジャワ海の航海に挑戦。香料貿易の独占を図ったオランダとの戦いの歴史があった。
●取材地:インドネシア(スラウェシ島、スラバヤなど)オランダ(アムステルダム、ホールン)


DVD 大航海 第11巻 マカオ・日本
大いなる航跡〜見果てぬ夢〜
中国返還を控えた、ポルトガル最後の海外領土マカオ。東ティモールとマカオがポルトガルを介して結ばれていたという意外な事実を目撃する。西洋の文化と初めて接触した種子島、隠れキリシタンが今も祈る生月島を歩き、大航海時代がアジアに残した遺産を見る。
●取材地:マカオ インドネシア(東ティモール)日本(種子島、鹿児島、生月島)


チェチェメニ号の冒険(DVD)

パプアニューギニア・ニューアイルランド島から[DVD]

ご注文 

ホーム