色のない空 虐殺と差別を超えて

久郷ポンナレット著

2001年4月刊 46判 246頁 春秋社 1,700円

ポルポト政権の大虐殺により、両親、きょうだい4人を失い、自らも苛酷な強制労働に従事させられ、死の瀬戸際で一命を取りとめた。
1979年、ポル・ポト政権崩壊後、混乱のなか、タイに脱出。留学中の姉を頼って80年に来日。言葉、文化の壁と闘いながら、小学校・中学校を卒業、1988年、日本人男性と結婚。90年、日本国籍を取得。現在、在日カンボジア人子女の教育援助や講演などに活催している。
力強く生きるカンボジア女性の半生記。

 

ホーム