カンボジア農村の貧困と格差拡大

矢倉研二郎著

2008年3月刊 A5判 560頁 昭和堂 (5%)税込\9450 (本体\9000)

タカエウ州の2つの農村での1年以上におよぶフィールドワークをもとに、カンボジア農村世帯の経済活動のさまざまな側面を分析する。農業に始まる各種の生産活動、信用市場、家計が直面する危機、農村家計の所得向上にとっての制約、家計間に現れてきた経済格差の原因などに迫る。

【主要目次】
はじめに
第1章 研究の課題と方法
第2章 調査地の概要
第3章 稲作
第4章 畜産
第5章 漁業
第6章 非農業自営業(OFB)
第7章 出稼ぎ
第8章 危機への対処とその制約要因
第9章 インフォーマル信用市場
第10章 マイクロクレジット
第11章 資産分配の変化とその規定要因
第12章 土地分配悪化とその原因
第13章 子供の就学水準
第14章 結論

 

ご注文

ホーム