なぜ同胞を殺したのか ポルポト − 堕ちたユートピアの夢

井上恭介、藤下超著

2001年9月刊 46判 256頁 日本放送出版協会 1,600円

なぜ同胞を殺したのか

150万人以上の同胞を死に追いやったポルポト政権。「なぜ同胞を殺したのか」を、「加害者」側の証言から明らかにしようとした試み。

【主要目次】
第1章 ポルポト派崩壊
序章 人はこうして殺人者になった
第2章 堕ちたユートピアの夢

 第1項 原点
 第2項 プノンペン解放
第3章 ダム建設か人命か
第4章 「内部の敵を探せ」

 第1項 処刑の連鎖
 第2項 タ・モクの村−隣人が隣人を殺す社会
 第3項 東部の反乱
第5章 夫に殺される
第6章 裁判までの長い道のり

 第1項 プノンペン陥落
 第2項 裁判は可能か

 

ホーム