カンボジアの民話世界

高橋宏明編訳

2003年12月刊 46判 144頁 めこん 1,500円

カンボジアでよく知られている民話11編を訳出し、その社会的・歴史的背景を解説。クメールの歴史、生活環境、道徳、価値観などを読み取る。


【目次】
はじめに
動物の物語
 
村の水牛と森の水牛
 カラスはシギの敵
 村のカラスが森のカラスに教える
 毒を吐き出したニシキヘビ
 オオカミとカメ
 村のスズメと森のスズメ
 解題
動物と人間の物語
 
欲張りな人
 男が結婚を娘に申し込む
 解題
人間の物語
 
二人の隣人
 女の世渡り
 怠け者の完璧な妻
 解題
カンボジアの民話世界とクメール人の世界観
 
1カンボジア近代史と民話の「発見」
 2フランス植民地以前のカンボジア社会と民話の世界
  森と動物の物語
  農民の世界観と価値観
  民話に見られる人間関係
 3クメール人の空間認識
  「村(スロック)」と「森(プレイ)」
  クメール人にとっての「森」
あとがき

 

ご注文

ホーム