アンコール遺跡と社会文化発展(アンコール・ワットの解明 4)

石澤良昭監修

2001年4月刊 A5判 288頁 連合出版 2,800円

【目次】

第一章 救うのは遺跡か人間か 坪井善明
第二章 遺跡エンジニアリングの誕生 遠藤宣雄
第三章 アンコール水利都市論と遺跡整備問題 ヴァン・モリヴァン
第四章 アンコール旧都城を取り囲む文化環境−文化・自然・人間− ラオ・キム・リァン
第五章 アンコール遺跡とトンレサップ湖 塚脇真二
第六章 アンコール遺跡をとりまく植物とその遺に与える影響−遺跡と植物の共存をめざして− 横山潤
第七章 カンボジアの一農村の素描 −遺跡と住民− 谷川茂
第八章 アンコール遺跡をどう守るか−カンボジア文化財保護のしくみづくり− 酒井幸
第九章 カンボジアにおける口頭伝承と遺跡 −アンコール遺跡における伝承採集から− 丸井雅子
第十章 文化遺産保存修復と人間開発 −カンボジア芸術大学における人材養成プロジェクトの理念と展開− 高橋宏明
注・参考文献
著者紹介


ホーム