ミャンマーという国への旅

エマ・ラーキン著、大石健太郎訳

2005年8月刊 46判 366頁 晶文社 (5%)税込:\3150 (本体:\3000)

ジョージ・オーウェルの足跡を追って、英国人女性ジャーナリストがミャンマーを取材。彼女が目にしたのは、人びとが圧政の恐怖にあえぐ軍事政権下の、まさに『一九八四年』の世界、オーウェルの悪夢が現実化した世界だった。

【主要目次】
1 マンダレイ
 メイミョー
2 デルタ地帯
 ミャウンミャ
 トゥワンテ
3 ラングーン
 シリアム
 インセイン
4 モウルメイン
5 カター

エピローグ
訳者あとがき
ビルマ時代のオーウェルの足跡を追って

 

ご注文

ホーム