ミャンマー経済の実像 なぜ軍政は生き残れたのか

工藤年博編

2008年3月刊 A5判 232頁 アジア経済研究所 (5%)税込\3045 (本体\2900)

国際社会からの批判を受けながら、ミャンマー軍政はまもなく20年になろうとしている。なぜ、ミャンマーは変わらないのか。なぜ経済は停滞したままなのか。なぜ、経済制裁を受けながらも、ミャンマー経済は崩壊しないのか。なぜ、軍政は崩壊しないのか。こうした疑問に、経済分野から回答を探る。

【主要目次】
序章 軍政下のミャンマー経済 停滞と「持続」のメカニズム
第1章 開放経済化とミャンマー産業発展
第2章 インフラの現状とミャンマー政府の対応 道路と電力を対象として
第3章 ミャンマーの食糧問題 体制維持と米穀政策
第4章 ミャンマーの「貧困」問題 食料政策との関連を中心に
第5章 ミャンマーのマクロ経済運営 
第6章 ミャンマーと中国の経済協力関係
第7章 ASEAN・ミャンマー関係 相互依存から膠着へ

 

ご注文

ホーム