ビルマとミャンマーのあいだ 微笑みの国と軍事政権

瀬川正仁著

2007年10月刊 46判 272頁 凱風社 (5%)税込\2100 (本体\2000)

強権的な政権の元で人々はどう暮らしているのか。軍事政権下で暮らすビルマの人々の生活・民俗・歴史に目を向け、国境や僻地に生きる少数民族の日常も報告する。メディアの報道からは見えてこないビルマ庶民の実相を伝える「紀行ルポ」。写真 113点・地図2点。カラー口絵16頁。

【主要目次】
1 ラングーン―黄金の寺院とリサイクルの町
 
強制両替はお済みですか?/東洋一/シュエダゴン・パゴダの動物たち/リサイクル都市/援助交際/ザ・コロニアル/キモノ/ビルマ人は二度許す/「あのおばさん」
2 中央ビルマ―古都マンダレーへの道
 
点と線の旅/幻の民族ピュー/肉を喰らう人々/ピーでピーになる/秘密の首都ネピドー/パゴダ責め/カメラマンたち/サッカー観戦/マリオネット文化/軍都メイミョー/インパールという悲劇/タキン党
3 来世と現世―バガン遺跡とインレー湖
 
ドライ・エリア/来世思想/国際観光年/ボッパ山のオカマ/湖に浮かぶ僧院/首長族/ネットカフェ/スロー・マッサージ/湖上ホテル
4 モンとカレンの大地―マイノリティの苦闘
 
外国人逆差別/不幸中の不幸/チャイティヨで虎狩り/アジアハイウェー/ホテル事情/消えゆくモン文化/マイノリティの気持ち/終着駅タンビュサヤ/キンペーターイ
5 シャン州・麻薬ロードを行く―国境に生きる人々
 
「援アルート」/麻薬の都/コカン民族/麻薬の民の微笑み/金網の向こう側/タイ国境の町タチレク/チェントンの夢/中国国境の町マインラー
6 カチン州・イラワジ川紀行―イルカを巡る冒険
 
六〇時間の船旅/ゴールデン・チーク/サドンデス/野生のゾウ/イルカに会う/砂金掘り/カチンの都は暗かった/イラワジ川源流へ
7 チン州・いにしえのアジア― 辺境の住民
 
多民族チン/首狩り/焼き畑考/刺 青/ウシを珍重/ロンユー/いにしえのアジア/ブラックエリア珍道中
8 アラカン州・少数民族の現実― 差別の歴史
 
クラゲ特需/インド人/アラカン王国/少数民族の「階級」/ビルマの底力/西方浄土

 

ご注文

ホーム