現代ビルマ(ミャンマー)語文法

岡野賢二著

2007年10月刊 A5判 178頁 国際語学社 (5%)税込\2940 (本体\2800)

ビルマ語文法の初級から中級レベルまでを解説する。文字の書き方、綴り、発音規則から、ビルマ語の文法構造まで、例文をまじえて解説。

【主要目次】
第1部 音声・文字編
 第1章 ビルマ語の音声・音韻 
 第2章 ビルマ語の文字と綴り 
第2部 ビルマ語文法の基礎 
 第3章 動詞文と名詞文 
 第4章 補語と格助詞 
 第5章 疑問文 
 第6章特別な機能を持つ名詞類 
第3部 ビルマ語文法の要点 
 第7章 その他の陳述文(2) 
 第8章 勧誘・許可求め・祈願 
 第9章 周辺的な補語と格助詞
 第10章 格名詞 
 第11章 動詞の構成 
 第12章 助動詞(1) 
 第13章 助動詞(2) 
 第14章 従属節とその応用表現 
 第15章 動詞連続構文 
 第16章 派生名詞・複合名詞 
 第17章 数の表現 
 第18章 名詞の構成(1) 
 第19章 名詞の構成(2) 
 第20章 副助詞など 
 第21章 様々な述語形式 
参考文献

 

ご注文

ホーム